看護師の希少求人の見つけ方【珍しい職場や応募殺到の人気案件をご紹介!】

2014/09/08 11:56:08 |

看護師と自衛隊といわれても両者がリンクしないという人も多いのではありませんか?しかし中には自衛隊に勤務をしている看護師もいます。自衛隊看護師という名前で呼ばれることもあるくらいです。自衛隊の一員として、衛生要員として活躍します。

 

自衛隊は中央病院や自衛隊病院を持っています。そこで勤務をする看護師も少なくありません。その他には陸上自衛隊に入ると、各部隊で看護業務することもあります。陸上自衛隊の場合、看護業務以外にも自衛官としての教育を受けることになると思ってください。

 

自衛隊看護師になるためには、防衛大学看護学科や自衛隊看護学院で勉強して、勤務する方法があります。その他には、自衛官の募集に応募して、自衛官としての教育や看護業務に必要な専門性の高い知識やスキルを獲得して、自衛隊看護師として仕事をするパターンもあります。入隊当初は300〜350万円が年収の相場といわれています。全体平均が、500〜550万円程度のようです。

2014/09/08 11:56:08 |

看護師の求人の中には、イベントナースと呼ばれるスタッフの募集が出ていることもあります。イベントナースとは、スポーツ会場やコンサート会場の救護室にスタンバイして、けが人や体調を崩した人の対応をする看護師の仕事をさします。このイベントナースの仕事の一環として、学校行事についていくという仕事もあります。

 

具体的には、学校で企画する旅行や遠足に同行して、子どもたちの体調管理をします。学校の旅行や遠足に添乗した場合、ほとんどのケースで医療行為を要求されることはありません。せいぜい乗り物酔いをしてしまった子供の対応をするくらいなので、それほど切迫した状況の中で仕事を強いられることはありません。

 

基本的には子供たちと一緒になって、旅行や遠足を楽しめると思ってください。旅行がもともと好きという看護師は、いろいろな所に行けますのでイベントナースの求人の中で学校の募集が出ていないかどうかチェックしてみるといいでしょう。

2014/09/08 11:56:08 |

看護師の特殊な働き方の中の一つに、シップナースというものがあります。文字通り、客船に同乗してクルーズのお客やクルーの健康管理をする仕事です。救護室に待機して体調を崩したとか怪我をした人の応急処置を施します。限られた設備の中で、どうやって仕事をするかというのが重要な問題です。その他にも書類の作成なども事務作業もしないといけないので、幅広い知識やスキルを獲得できるので、看護すとしてのキャリアアップができます。

 

また客船の旅の場合、いろいろな国を回って寄港していきます。寄港した時には、観光を看護師自身も楽しめます。旅行が趣味という人であれば、毎回楽しく仕事ができるのではないでしょうか?

 

シップナースの求人ですが、さまざまなものがあります。看護師が複数乗船するケースもあれば、医者とコンビを組んでお客さんの健康管理に当たるケースもあります。基本的に労働時間は8時間ではありますが、急患が発生した場合には時間外でも対応しないといけないケースも出てきます。

2014/09/08 11:56:08 |

看護師の仕事というと、医療機関ばかりというイメージを持っている人もいるでしょう。しかし病院以外でもいろいろな募集が出ています。その中でも少し珍しく、かつ最近になって増加傾向にあるのがコールセンターという仕事です。顧客に対しての電話対応をする業務で、医療や介護関係の相談対応をする案件が多いです。医療関係の企業や製薬会社などで募集されていることが多いです。コールセンター専門の派遣会社に登録して仕事するという方法もあります。

 

コールセンターの仕事はいろいろとあります。一般的に多いのは、健康相談や医薬品や医療器具の使い方がわからないといったものです。健康相談の中でも様々な種類があって、乳幼児の場合もあれば高齢者の相談のケースもあります。糖尿病などの特殊な病気に関する質問もありますので、全般的な医療知識が要求されると思ってください。

 

コールセンターの仕事に関しては、未経験者でもOKの案件が多いです。研修を事前に行ってくれるので、気軽に応募できるはずです。

2014/09/08 11:56:08 |

看護師の求人情報の中には、アテンドナースと呼ばれる職種もあります。旅行天井看護師とも言われていて、旅行に一緒になって参加して、参加者の健康管理や病気、けがをした人に対して医療的な処置を講じる人のことをさします。各種旅行会社の企画しているツアーや修学旅行に添乗しているケースも多いです。

 

通常医療機関で仕事をする場合、同じ所でずっと仕事をします。アテンドナースの場合、毎回異なる所に行って仕事をするのが新鮮です。また基本的に看護師一人だけで対処するので、たくさんの参加者の体調管理を一人で賄っていかないといけないという重責があります。

 

アテンドナースの場合、旅行会社が募集することが多いです。しかし旅行会社で看護師を正規雇用するケースはあまり多くはありません。必要な時に短期パートや派遣などで雇うケースが多いです。旅行シーズンになるとかなり多くの募集が出ているので、アテンドナースに応募する時にはタイミングが重要です。